東京恵比寿のオステオパシー専門院「Climb On!(クライムオン!)」

その症状、「くいしばり」が原因では?

自覚がないんだけど、
寝ている間に「くいしばって」いたり、
ふと気づくと「くいしばってる」自分に気付いたり。。。

くいしばり過ぎて歯がすり減ってしまう事も結構あります。
そして何より、実はこれ健康の大敵なんです。

くいしばりの原因は色々考えられます。
ストレスによるもの、
噛みあわせが悪く起こるもの、
体の歪みから起こるものetc.

「くいしばり」が健康の大敵なのは何故?

「くいしばる」と言う行為は噛む筋肉、咀嚼筋(そしゃく筋)を強く緊張させます。
この咀嚼筋の力はとても強いもので、これらが日常的に緊張し硬くなっていると、
その周りの筋肉はそれに引っ張られそれらも硬くなってしまいます。
ちなみに咀嚼筋の周りにある筋肉は、、、首肩頭の筋肉、
つまり、首こり、肩こり、頭痛(ある種の)の原因はこの咀嚼筋が硬い事から起きている事がかなりの確率であります。

顔や頭、首肩、体の上の部分が緊張すると、
それを支えている背中から下の部分も緊張せざるを得ません。

(実際、当院の施術は頭・顔にその大半の時間を使っていますが、
それで全身の緊張が解消しているのですから間違いありません。)

そして、この「くいしばり」で顔や頭周りを硬くすると「脳」への血行も阻害し、
全身を司っている「脳」が十分に機能しなくなり、色々な症状を引き起こしてきます。

と、たかが「くいしばり」されど「くいしばり」で、
自覚が薄い事ですが、健康に大きな影響を引き起こすものです。
実際、施術でここを緩めるといかに自分が「くいしばって」いたかを自覚する方が沢山いらっしゃいます。

他の病院や治療院、マッサージではなかなかこの事に着目しているところは少なく、
当院で施術を受け「他とは効果が全然違う」と実感して頂けるのは、
ここを施術しているかではないかと思っています。

首こり、肩こり、頭痛、全身の色々な不調、
あなたのその症状、原因は無自覚の「くいしばり」にあるかもしれません。

東京恵比寿のオステオパシー専門院「Climb On!(クライムオン!)」 PAGETOP