東京恵比寿のオステオパシー専門院「Climb On!(クライムオン!)」

オステオパシー、それは「全身を一つとして診るホリスティック医学」です。

分かりやすく言うと、人間が本来持つ自然治癒力が十分に働くよう、身体が本来持つ機能を取り戻し、健康に導く自然手技医学です。それは体の構造を正す(歪み・緊張を取る)事で引き出します。

 

アメリカでは医学として認められている技術

残念ながら日本ではその知名度は大変低いものですが、
世界を見渡せば、正当な医学として世界保健機関(WHO)に認められています。

オステオパシーが生まれた国アメリカでは、
現代西洋医学と同じく投薬・手術も出来る「医師」としての国家資格を持つ医学なのです。

 

スティルオステオパシーは1874年にアメリカの医師、アンドリュー・テイラー・スティル(写真の人物)が発表した医学体系です。彼は当時主流であった薬剤信仰に疑問を持ち、体に本来備わっているはずの自然治癒力を引き出す治療法を研究しました。

多くの患者を診察・観察し続けていくうちに、どんな病気の患者にも必ず筋骨格系の異常(いわゆる歪み)があることに気付きました。彼はこの筋骨格系の問題が血流・リンパの流れ、そして神経伝達に異常をきたし、体に様々な症状が出るのではないかと考え、手技により筋骨格系の異常(歪み)を取り除く方法を考え出しました。

 

「身体は全身で一つである」という考え方・哲学

さて、オステオパシーとは「体に対する考え方・哲学」であり、
その哲学を基に沢山の施術法が存在します。
オステオパス(オステオパシーを行っている人)により行う施術が異なりますが、
しかし、その根底には皆同じ考え方・哲学が存在します。

オステオパシーの哲学

  1. 身体は全身で一つである。
    そして、一人の人間とは、身体、心、および精神で一人である。
  2. 身体は自己調節、自己治癒、健康維持能力を持っている。
  3. 構造と機能はお互いに関係しあっている。
  4. 合理的な治療は、これら3つを以て行われる

世の中には多くの療法・施術法が存在しますが、
それらの根底にある理論的・科学的、そして自然で合理的な医学体系の一つであると私は思っております。

体は全身で一つである為、
「症状だけにとらわれず、全身を診て」その原因を探します。
それは、手足の先から、頭の骨、顔の骨にまで至り、
事実、発祥国アメリカでは小児医療にも頭蓋オステオパシー(頭の骨を調整する)と言う分野が確立され、多くの子供達がその症状改善の為に受けております。

また、薬と違い、健康な方の健康維持にも定期的なオステオパシー施術をお薦め致します。体が整い、ますます健康で元気な毎日が過ごせるとご来院をお待ちしております。

 

東京恵比寿のオステオパシー専門院「Climb On!(クライムオン!)」 PAGETOP